• 2018年6月7日

    いろいろな抹茶茶碗のうち、高麗茶碗に限定した展示・販売会です。展覧会の計画は、現時点では次の通りです。どうぞ、ご期待ください。画像は出品予定の品々の一例です。詳細は下記の「高麗茶碗展の専用ホームページ」からどうぞ。

    [展示品] 井戸・粉引・蕎麦・魚屋・刷毛目・熊川・三島・金海・御所丸・御本茶碗など40碗余。

    [会 期] 9月22日(土)から30日(日)まで

    [時 間] 毎日11~18時 会期中無休

    [会 場] 古美術桃青店内

    東京都中央区銀座7-10-8 第五太陽ビル1F

    [電 話] 03-3571-1233

    [メール] ginzatosei@gmail.com

    [詳 細] 高麗茶碗展の専用ホームページ ←左の文字をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます。

     

     

     

     

     

     

  • 2018年5月8日

    松平出羽守(不昧、松江藩主、1751-1818)から牧野佐渡守(笠間藩主)に宛てた消息です。「制作を頼まれた竹花入(または竹茶杓)ができたので送る」という趣旨の手紙です。この手紙にも茶道具についてふれていますが、不昧公は茶の湯を好み、大名茶人として知られています。今年は没後200年に当たり、6月17日まで、東京の三井記念美術館で特別展「大名茶人・松平不昧―お殿様の審美眼ー」が開催されています。

1 2 3 4 5 6 15