2018年4月

  • この誕生仏は特異なつくりになっており、誕生仏本体の上部と、台座より下の部分に二分割されます。下部は上部と比べて銅の質が異なっていますので、後補と思われます。後補とはいえ、このような特異なつくりにしたのはどうしてでしょうか。両者は誕生仏の底部につけられた「ほぞ」と台座側の「ほぞ穴」を介して接合されています。誕生仏の像高13.7cm、下部を含めた全高23.0cm。