お知らせ

  • 古美術桃青主催の高麗茶碗展が2018年9月22日~30日に行われました。出展された高麗茶碗の数は48。高麗茶碗の中でもいちばん人気のある井戸茶碗は8碗も出展されて注目された。画像は展覧会会場のようすです。

  • 古美術桃青 主催による高麗茶碗展が、9月30日に終了しました。不順な天候にもかかわらず多数のお客様に足をお運びいただき、心より御礼申し上げます。テーマは変わりますが、次回の古美術イベントにご期待ください。

    画像は展覧会に出展された、やや小振りな井戸茶碗四兄弟を上から見たところです。

  • 古美術桃青の夏季休業は8月27日~31日です。9月1日から平常営業いたします。

  • いろいろな抹茶茶碗のうち、高麗茶碗に限定した展示・販売会です。展覧会の計画は、現時点では次の通りです。どうぞ、ご期待ください。画像は出品予定の品々の一例です。詳細は下記の「高麗茶碗展の専用ホームページ」からどうぞ。

    [展示品] 井戸・粉引・蕎麦・魚屋・刷毛目・熊川・三島・金海・御所丸・御本茶碗など40碗余。

    [会 期] 9月22日(土)から30日(日)まで

    [時 間] 毎日11~18時 会期中無休

    [会 場] 古美術桃青店内

    東京都中央区銀座7-10-8 第五太陽ビル1F

    [電 話] 03-3571-1233

    [メール] ginzatosei@gmail.com

    [詳 細] 高麗茶碗展の専用ホームページ ←左の文字をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます。

     

     

     

     

     

     

  • 松平出羽守(不昧、松江藩主、1751-1818)から牧野佐渡守(笠間藩主)に宛てた消息です。「制作を頼まれた竹花入(または竹茶杓)ができたので送る」という趣旨の手紙です。この手紙にも茶道具についてふれていますが、不昧公は茶の湯を好み、大名茶人として知られています。今年は没後200年に当たり、6月17日まで、東京の三井記念美術館で特別展「大名茶人・松平不昧―お殿様の審美眼ー」が開催されています。

  • この誕生仏は特異なつくりになっており、誕生仏本体の上部と、台座より下の部分に二分割されます。下部は上部と比べて銅の質が異なっていますので、後補と思われます。後補とはいえ、このような特異なつくりにしたのはどうしてでしょうか。両者は誕生仏の底部につけられた「ほぞ」と台座側の「ほぞ穴」を介して接合されています。誕生仏の像高13.7cm、下部を含めた全高23.0cm。

     

  •  

    池大雅は江戸中期の文人画家。1723年生―1776年没。京都生まれ。名は勤・無名、字は公敏・子職・貸成、通称を秋平、別号に烏滸釣叟・霞樵・竹居等。画扇屋を営みながら舶載の画譜などを通して中国南宗画を独学する一方、柳沢淇園や祗園南海の教えを受け、日本画の伝統と西洋絵画の表現法をとり入れて独自性と風格に富んだ画風を形成、日本南画の祖と呼ばれた。安永5年(1776)歿、54才。落款:霞樵

     

  • 中国・漢時代の金銅鬼面です。本体の寸法は縦11.3cm、横13.5cm、額の寸法は縦33.3cm、横40.5cmです。日本の弥生時代に相当する時代に、中国ではすでに鍍金が施された飾り金具がつくられていたのですね。この鬼面は、大きな家の玄関あたりのドアあるいは壁に取り付けられていて、魔除けの役割を果たしていたのではないでしょうか。

    いまこのページをご覧になっているあなたの家の守護神として玄関あたりに飾られてはいかがでしょうか。

     

     

  • 小堀遠州筆のこの消息は前半部を失っており、茶杓に関する後半部分を茶掛として表装したものと思われます。

    石弾正(1604-50)は石川弾正大弼廉勝(かどかつ)のこと。遠州とも親交した近江国膳所藩主石川主膳守忠総の長子。文中の権十は廉勝の実弟権十郎総長。

    この消息は小堀遠州から石川廉勝に宛てたもので、内容は「権十郎総長から依頼されて削った茶杓ができたので、できはよくないが送る」との意。消息の授受が大名家間ですので、遠州は正式の花押を使用しています。またこのころの習慣として、年末の消息の授受は行われなかったのですが、この消息の日付は極月(12月)28日になっています。権十郎は年末にどうしても遠州作の茶杓を手に入れたかったのでしょうか。

  • 風炉先屏風は茶会や茶事に使われる2つ折りの小型の屏風です。その屏風に絵画や書を直接書(描)くのではなく、すでに書(描)かれた複数の絵画や書の作品を体裁よく貼ってつくられた風炉先屏風を貼(張)り混ぜ風炉先屏風と言います。画像の風炉先屏風は左右173cm、高さ55cmの金屏風。ここに、下記の5枚の絵画と書がバランスよく貼ってあります。

    店内茶室「青峰庵」に展示された貼(張)り混ぜ風炉先屏風

    書画は向かって右から順に―
    ①小島宗真筆の歌切
    この歌切は小島宗真が『古今和歌集 巻第一春歌上』のトップ「ふるとしに春たちける…」を書写したもの。
    宗真は江戸時代初期の書家で、本阿弥光悦に師事し、角倉素庵とともに門下双璧と称されました。古筆蒐集家としても知られています。
    ②久隅守景筆「瓜図」
    久隅守景は江戸時代前期の狩野派の絵師。狩野探幽の弟子で探幽門下四天王の筆頭と目されましたが、のちに破門されて放浪の旅に出たと伝えられます。代表作に国宝の「夕顔棚納涼図屏風」があります。
    ③飯尾常房(1422-1485)筆歌集切
    飯尾常房は室町時代の書家で、室町幕府の書史となり、将軍足利義政の右筆をつとめました。青蓮院流の書をおさめ、飯尾流を創始。歌を能くしました。
    ④海北友松筆「枯木寒鴉図」
    海北友松(1533-1615)は桃山時代の画家、海北派の祖。初め狩野派に学んだ。宋元水墨画に傾倒、独自の気迫と情感に富む画風を完成させました。この枯木寒鴉図はもとは屏風絵あるいは襖絵の一部であったことが想定されますが、この図を見ると、極寒の冬を生き抜く寒鴉の姿に友松の気迫や情感が乗り移って、哀れみの一方で親しみさえ感じさせるのはどうしてでしょうか。
    ⑤三井高方(宗億)筆の消息
    三井高方は豪商三井家家祖三井高利の三男高治を初代とする新町家の2代目で、高治の長男に当たります。この消息はお茶に関する内容が書かれているようですが、まだ読み下せていません。文字の崩し方がかなり個性的で癖のある文字が多く、読み下しにはかなり苦労することになりそうです。

    久隅守景筆「瓜図」

     

    飯尾常房筆 歌集切

     

    海北友松筆「枯木寒鴉図」