2018年1月

  • 中国・漢時代の金銅鬼面です。本体の寸法は縦11.3cm、横13.5cm、額の寸法は縦33.3cm、横40.5cmです。日本の弥生時代に相当する時代に、中国ではすでに鍍金が施された飾り金具がつくられていたのですね。この鬼面は、大きな家の玄関あたりのドアあるいは壁に取り付けられていて、魔除けの役割を果たしていたのではないでしょうか。

    いまこのページをご覧になっているあなたの家の守護神として玄関あたりに飾られてはいかがでしょうか。