夏季休暇旅行で出会った縄文土器

2017年8月28日

夏季休暇を利用して、2泊3日で、つぎのルートの旅をした。

東京駅→東北新幹線・北海道新幹線→新函館北斗駅→ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(泊)→函館港→大型旅客船「飛鳥Ⅱ」乗船→日本海クルーズ(泊)→七尾港(石川県)下船→金沢駅→北陸新幹線→東京駅(細かい部分は省略)

「飛鳥Ⅱ」乗船も北海道・北陸両新幹線もザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ宿泊も初体験だったので、とても新鮮ですばらしい旅でした。

新函館北斗駅の一階で出会った縄文土器。説明文を読むと、「人形装飾付異形注口土器」とのタイトルのもとに、形が独特の「異形注口土器」というだけでなく、顔や全身を表現する装飾が付いており、非常に珍しいとの説明がある。国指定重要文化財でもある。
こんなすばらしい縄文土器がだれでも自由に出入りできる部屋の片隅に展示されているが、周りの人々の中で見ようとするものは誰一人としていない。
おかげさまで、重要文化財の縄文土器の鑑賞を独り占めできた。