桃青所蔵の元暁撰『判比量論』断簡が金沢文庫特別展に展示

2017年8月15日

神奈川県立金沢文庫(横浜市)で開催中の特別展「アンニョンハセヨ!元暁法師」は、8月20日(日曜日)に最終日を迎えます。
日本の仏教に少なからず影響を与えた新羅僧元暁(617-686)の生誕1400年にちなんで開催された同展覧会では、日本が伝えてきた新羅・高麗仏教の真髄を示す文化財が展観されています。
同時に元暁撰『判比量論』(元暁の仏教論理学を代表する著作。完本は存在しない)の断簡も展示されています。

添付画像は展示された断簡のひとつで、古美術桃青の所蔵(非売)。