李朝白磁半球型水滴 (画像:非公開)

2017年4月4日

特長  李朝時代にはいろいろな形の水滴がつくられました。中でも白磁で、方形、(半)球形といったきわめてシンプルな形の水滴が日本人コレクターの好みに合い、その形から前者は「豆腐」、後者は「ひざ小僧」という愛称で親しまれてきました。「豆腐」や「ひざ小僧」には、染付とか陰刻とか陽刻などは当然ありません。
今回ご覧いただいている李朝白磁水滴は「ひざ小僧」です。直径12.5cmの大きな半球形です。かつて大阪東洋陶磁美術館で開催された『李朝の水滴展』の同類のものより一回り大きく、李朝後期の分院窯初期のものと思われます。実用品としてだけではなく、インテリアグッズとしても楽しめる一品です。ほぼ完品ですが、全体に使用痕のスレ、注ぎ口に小さなホツがあります。
時代  李朝時代後期(18c.後半.)
サイズ  高さ13.1cm 直径12.5cm
お問い合わせ ▶お問い合わせフォームはこちら
TEL 03-3571-1233